【レビュー】モンベルのソックオンサンダルを1年間使ってみた3つの感想【mont-bell】

 

今回は、モンベルの『ソックオンサンダル』を約1年間使ってみた感想をレビューしようと思います。

ほとんど毎日履いていたので、つま先と踵がすり減っていますね。

 

ソックオンサンダルの基本情報

 

【素材】■本体:E.V.A.フォーム ■アウトソール:ラバー
【重量】169g(Mサイズ・片足)
【カラー】ブラウンブリック×オレンジレッド(BB/OR)、ブラック(BK)、ダークマラード×シアンブルー(DM/CB)、ダークネイビー×ブルー(DN/BL)、グレー×リーフグリーン(GY/LE)
【サイズ】XS(22.0~23.0cm)、S(23.5~24.5cm)、M(25.0~26.0cm)、L(26.5~27.5cm)、XL(28.0~29.0cm)、XXL(29.5~31.0cm)

 

かかとが浮き上がりにくい「スリップオンサンダル」の機能性はそのままに、靴下を着用したままでも履くことができるよう、モンベル独自のS字形状の鼻緒を取り付けたモデルです。甲に直接当たる鼻緒には肌当たりがやさしい素材を使用しています。開放的な履き心地と優れたホールド感を両立し、キャンプや普段使いなどで気軽に着用できます。意匠登録済。

https://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1129476

 

感想①『持つと重い!?歩くと軽い!』

 

店頭で手に取った時の最初の感想は「ん?意外と重いかも」といったものでした。

普通のビーチサンダルだと思って手に取ると重量を感じます。

しかし実際に歩いてみると心地よいクッション感も相まって重さをほとんど感じることはありません。

 

感想②足が全く痛くない!

 

このサンダルの大きな特徴の一つが『S字形状の丸い鼻緒』です。

サンダルを履く上で、擦れて痛い思いをした経験がある方は少なくないと思います。

このソックオンサンダルでは肌に優しい素材を使った、角のない丸い鼻緒を使っているので、長時間歩いていても擦れてヒリヒリすることはありませんでした。

靴下を前提としたサンダルだと思って、買った当初は裸足で履くことはありませんでしたが、裸足で履いても気持ちいいのです

 

感想③とにかくおしゃれ

 

 

 

見ておわかりの通り、このソックオンサンダル、『非常にシンプル』な見た目です。

それでいて、アッと目を引くような特殊な形をしています。「それってどう履くの?」と何度か聞かれるほど。

今年もビームスからホワイトとカーキの別注品が出ていましたが、確認したところ完売になっていました。本家モンベルの方の在庫に関しても、カラーによっては完売しているものも・・・

その割には街中で見かけることはほとんどないかもしれません。

アウトドアだけではなく、普段からぜひ使っていただきたい。

 

 最後に

 

ソックオンサンダルの他にも、モンベルには『ロックオンサンダル』『スリップオンサンダル』等の姉妹ギアもあります。

まずは、一足ソックオンサンダルを!

そしてサンダル沼に浸かっていただきたいと思います。

https://webshop.montbell.jp