閉じる
  1. 【Nature Remo mini】スマートリモコンでスマートホームを…
閉じる
閉じる
  1. 普通二輪免許、取得の道【教習の流れ】
  2. 【百均】ワイヤレスマウスを買ってみた【最安】
  3. 【Nature Remo mini】スマートリモコンでスマートホームを…
  4. 【生涯保証付き】ダーンタフの靴下を買えば、もう一生靴下を買わなくて済み…
  5. 【百均】ダイソーの500円加湿器が中々よかったのでスペックをレビューす…
  6. 普通二輪免許、取得の道【準備編】
  7. 【Picogrill398】話題沸騰のピコグリル398を実際に使ってみ…
  8. 【2019年】G検定に合格して思ったこと【Deep Learning】…
  9. 【寝袋なし】最低気温3℃の中で野宿をしたら大変なことになった話【テント…
  10. 【JASONMARKK】水が必要ない⁉スニーカー綺麗にし…
閉じる

メガネをかけたキリンのブログ

【定義山】日本一美味しい『あぶらあげ』を食べに行く

 

今回は日本一美味しいとオススメされた定義山のあぶらあげを食べに出かけてきました。

 

定義如来西方寺について

 

定義如来は、平重盛公の遺命を受け、平貞能公がこの地に中国伝来の阿弥陀如来像を安置し、後に早坂源兵衛が極楽山西方寺を開山した浄土宗の寺院です。
年間100万人を超す老若男女の参拝が絶えず、東北屈指の古刹霊場です。

定義観光協会

 

定義山こと定義如来西方寺は宮城県仙台市にあるお寺なのですが、『定義山』と聞いてピンとくる方のほとんどが、油揚げが美味しい!といった感じではないでしょうか。

自分もメディアで耳にしたことはあるけれども、知人に勧められるまで『行きたい場所』の選択肢にはなかった場所でした。

 

◆アクセス

その他交通機関でのアクセスはこちらから

 

定義山に行ってみた

 

大倉ダムの横を通りながら定義山に向かいます。

いやぁ、ダムってのは何だか不思議な魅力がありますね。世の中に多くのダムファンがいるのも良くわかります。

ダムカードといったものを集めているコレクターも結構いるとか。

さて、定義山に到着。

駐車場が何箇所かあるのでその辺は心配なさそうです。

 

まずは定義山を散策して見ることに・・・

ここが本堂です。平成11年に完成したということでとても綺麗な本堂。

祈祷を受けない人でも本堂内を参拝できます。

こちらが五重の塔。こういった建造物での作法はよくわかりませんが、ただボーッと眺めているだけで非常に有意義でしたね。

 

コレは『連理のけやき』という縁結びの御神木。

安徳天皇の遺品を埋め、その墓標として植えられた二本のけやきが成長と共に絡み合い一本に結ばれたということから、良縁を願う人々の信仰の対象になっています。

 

お目当てのあぶらあげを食べに

一通りまわってやってきました『定義とうふ店』

 

住所:宮城県仙台市青葉区大倉字1-2
営業時間:8:00〜17:00

 

お店の中と外に座って食べるスペースがあ理ます。天気がいい日は外で食べるのがオススメ。

 

こちらが『三角あぶらあげ』お値段は1枚130円です。安い!

 

厚さはなんと3cmほど。4枚切りの食パン並の厚さです。

まずは醤油をかけて食べましたが、僕の想定していた『美味しいあぶらあげ』を遥かに超えていきました。

「あぶらあげなんて、いくら美味しいと言ってもそこが知れてるだろ」なんて思っていた自分が恥ずかしいくらいです。

 

そして今回一番衝撃を受けたのがこちら

『七味にんにく』です。あぶらあげには、この七味にんにくを振りかけて食べるのですが、コレがまぁ旨い。

 

たっぷりかけていただきましょう。

 

このあぶらあげと七味にんにくはお土産屋さんにも売っています。

 

他にも玉こんや蕎麦などいろいろありました。

 

さて、今回の旅で自分の知らない美味しい食べ物がまだまだたくさんあるのだなぁ・・・なんて思いました。

 

次はどこに行こうかな。

 

 

 

関連記事

  1. 【新潟限定】珍しい味のコーラ飲んでみました【レビュー】

  2. 秋田千秋公園へのプチ旅行~秋田犬に会えちゃう~

  3. 福岡でおいしかったソフトクリーム屋さんベスト3を紹介します。

  4. 【高級食パン専門店】考えた人すごいわがついに仙台に出店したので行…

  5. 【Picogrill398】話題沸騰のピコグリル398を実際に使…

  6. 【山形】鳥海山の麓にある秘境、丸池様にいってきた【遊佐町】

おすすめ記事

  1. 【Nature Remo mini】スマートリモコンでスマートホームを構築してみる【導入編】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る