閉じる
閉じる
閉じる
  1. 普通二輪免許、取得の道【準備編】
  2. 【Picogrill398】話題沸騰のピコグリル398を実際に使ってみ…
  3. 【2019年】G検定に合格して思ったこと【Deep Learning】…
  4. 【寝袋なし】最低気温3℃の中で野宿をしたら大変なことになった話【テント…
  5. 【JASONMARKK】水が必要ない⁉スニーカー綺麗にし…
  6. 【MARNA】水に触れない!お米とぎが一気に楽になるアイテムが便利すぎ…
  7. 【Python】競馬データ収集スクリプトを書いてみた【機械学習】
  8. 【ユニクロ】ウルトラライトダウンコンパクトジャケットは最高の『日常着』…
  9. 【百均】アウトドアをしてなければ絶対に買わないであろう『アレ』をダイソ…
  10. 【定義山】日本一美味しい『あぶらあげ』を食べに行く
閉じる

メガネをかけたキリンのブログ

普通二輪免許、取得の道【準備編】

もう12月になり、今年も残り少なくなりましたね。
そんな中、なんと私・・・バイクの免許を取っちゃいました!!!(普通二輪免許ですが)
という訳で、「普通二輪免許、取得の道」と題してバイクの免許取得に関する記事をいくつか書いていこうと思います。

今回の記事は、なぜバイクの免許を取ろうと思ったのか等々、いろいろ書いていきます。

 

バイクの免許を取ろうと思った理由

昨今、バイクの免許を取る人も減っているみたいで、バイクの市場も縮小しているみたです。そんな中で、バイクの免許を取った理由ですが、大きな理由としては「憧れ」「キャンプ」ですね。映画が好きでよく見るんですが、バイクのシーンとか結構出てきますよね。マトリックスリローデットでは、登場人物のトリニティが「ドゥカティ」っていうバイクに乗って戦うシーンがあります。他にも、トムクルーズ主演のミッションインポッシブルでは、トムクルーズが格好良くBMWのバイクを運転するシーンがありますね。そういうのを見てると、バイクに乗ってみたいと思ってしまいましたね!もう一つの理由の「キャンプ」ですが、これは単純で、バイクに乗ってキャンプに行ってみたいということです。そもそもキャンプに興味があるんですが、車でキャンプに行っている中で、バイクに乗ってキャンプに行きたいと感じるようになりました。雨とか気温が低いとかバイクに乗らない理由はいくらでも出せますが、それでもバイクでキャンプしたいなって思います。

 

バイクの免許(普通二輪免許)を取得するのに、必要な費用と期間

まず、費用です。取得にかかった費用は「8万円」くらいでした!
自分は車の免許を取ったところで、バイクの免許をとったので割引が効いたみたいです。割引なしだと、10万くらいになるのかな。
取得に費やした期間ですが、「1ヶ月半」ぐらいです。
正確には、9月の中旬から11月の初旬まで。週に2or3時間ぐらい受けてましたね。夏休み明けということもあってか、割と予約は取りやすかったです。(そもそもバイクの免許を取る人も少ないからね)

 

教習を受けるのに必要なもの

準備したのは、滑り止めのついた軍手くるぶしが隠れて、かかとがある靴です。
できるならバイク用のグローブとか準備したほうがいいと思うのですが、どんなのを買えばいいのか分からなかったので「滑り止めのついた軍手」を使ってました。あと、靴ですが、これが結構大事。くるぶしが隠れて、「かかと」がある靴を用意しましょう。自分は登山用の靴を持っていたので、登山靴を使いましたが、くるぶしが隠れて「かかと」がある靴をもっていなければ買いましょう。グローブは適当でもなんとかなりますが、靴は操作性にかなりの影響を与えます。「かかと」があると、ブレーキとクラッチ操作がめちゃくちゃ楽です。いわゆるライディングシューズを用意しちゃってもいいと思います。
あと、教習を受けるにあたって、ヘルメットとプロテクターは必須ですが、これは借りられると思います。(かなり汗臭いので、我慢できなければ買いましょう)

身長が低くて、足が届かないかも・・・って思っている方は、こちらの靴を買うといいかもしれません。
wildwingさんの「超厚底ライディングブーツ」です。

受注生産OD50-超厚底ライディングブーツ(つま先:50mm)【ファルコン(WWM-0001)】

これは、つま先まで厚底になっているので、足が届かない人が履くといいかもしれません。バイク用ということで、「かかと」もあるため運転しやすくなります。
自分もバイクを購入するときにwildwingさんのライディングブーツを買おうと思っています。
(ファルコンのブラックの購入を検討しています・・・)

ファルコン WWM-0001 [ブラック]

 

教習を受け始めるまでに準備したこと

教習を受けるために道具をそろえて、教習を受け始めるまでの準備が意外と大事です。これを怠ると、バイクが嫌いor教習がきつく感じると思います。
なにを準備するかといいますと・・・「Youtubeでバイクの教習動画を見まくる」ことです。見るのではなく「見まくる」のです。
車の教習を受けたことある人はわかると思うのですが、車の免許をとるとき講師の先生方は懇切丁寧に教えてくれたと思います。実技の時間もたくさんあり、路上教習もあるため、先生方はハンドルを握って丁寧に教えてくれます。しかし、バイクの先生方は「適当(感覚的)」に教えます。そもそも、バイクは趣味の乗り物ですし、先生方はお手本を見せてくれるけど、隣に乗って教えてくれる訳ではありません。ということですので、Youtubeの動画やバイクのブログを見て、イメトレをしまくりましょう。

 

 

とまあ、いろいろバイクの免許を取り始める前まで、記事にまとめました。
今後の記事で、具体的な教習内容や自分が参考になった動画とか紹介していきたいと思います。

関連記事

  1. 【Python】競馬データ収集スクリプトを書いてみた【機械学習】…

  2. 【寝袋なし】最低気温3℃の中で野宿をしたら大変なことになった話【…

  3. 【ESBITもどき】エスビットもどきのポケットストーブを入手しま…

  4. AERO STRETCH

    【AERO STRETCH】ワークマンで一番売れたブルゾンのコラ…

  5. 【山形】鳥海山の麓にある秘境、丸池様にいってきた【遊佐町】

  6. 【Picogrill398】話題沸騰のピコグリル398を実際に使…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る