閉じる
  1. 【Nature Remo mini】スマートリモコンでスマートホームを…
閉じる
閉じる
  1. 【UNIQLO】ユニクロの名作ロンTを買ったら哲学的論考を求められた【…
  2. 普通二輪免許、取得の道【教習の流れ】
  3. 【百均】ワイヤレスマウスを買ってみた【最安】
  4. 【Nature Remo mini】スマートリモコンでスマートホームを…
  5. 【生涯保証付き】ダーンタフの靴下を買えば、もう一生靴下を買わなくて済み…
  6. 【百均】ダイソーの500円加湿器が中々よかったのでスペックをレビューす…
  7. 普通二輪免許、取得の道【準備編】
  8. 【Picogrill398】話題沸騰のピコグリル398を実際に使ってみ…
  9. 【2019年】G検定に合格して思ったこと【Deep Learning】…
  10. 【寝袋なし】最低気温3℃の中で野宿をしたら大変なことになった話【テント…
閉じる

メガネをかけたキリンのブログ

【百均】ダイソーの500円加湿器が中々よかったのでスペックをレビューする

 

今回はダイソーで発見した、500円の加湿器

【ミニ加湿器(スクエア型)】を紹介しようと思います。

 

・ミニ加湿器(スクエア型)の基本スペック

 


 

・価 格 : 500円(税抜)

・サイズ : 6.5×6.5×14(cm)

・容 量 : 約180ml

・噴霧量 : 20〜40ml / 時間

・カラー : ホワイト・ブラック


 

今回購入したのはホワイトです。購入時の注意ですが、ホワイト・ブラック両方とも箱の表面には

ホワイトの写真が載っています。なので、箱の側面にある穴からカラーを確認してから購入しましょう。

私も一瞬迷いました・・・

 

この加湿器の特徴をいくつか挙げますと

◆USB接続・・・パソコンやモバイルバッテリーを使って電気を供給できる。

◆内部ライト・・・加湿しない時も間接照明として使うことができる。

◆超音波加湿・・・電気の消費が少ない。

ただ、超音波式の加湿器はこまめにお手入れをしないと、雑菌ごと空中に放出してしまうので注意。

 

 

・噂の500円加湿器を実際に使ってみよう

 

さて、開けてみましょう。内容物はこんな感じです。

 

ちゃんとUSBのケーブルが付属しています。

 

加湿器の中身は非常にシンプルなのでメンテナンスも楽そうです。

 

自分の場合、デスクとベッドの両方で使用するので、持ち運べるようにモバイルバッテリーを使っています。

電源に繋ぎ、ボタンを押すと『加湿』、ボタン長押しで『ライト』が使えます。

【実際に使ってみてわかったこと】

①思ったより消費電力が少ない

消費電力は2Wと書いてあります。自分が使っているモバイルバッテリーは13000mAのものですが

2〜3回使って、4メモリのうち1メモリを使う感じです。

 

②すげー静か

買った時点では、振動音や駆動音の心配をしていましたが、全く心配無用。

ミストが吹き出る「シュー」といった音が最低限聞こえるくらいで全く気になりませんでした。

 

③4時間使ったら勝手に止まってしまった

噴霧量が《20〜40ml/時間》でタンク容量が《180ml》なので、理論上4時間半〜9時間もつことになりますが、使ってみたら3時間58分でミストが止まってしまいました。タンクの中身を確認したところ、まだ水が1割弱残っていましたので、この状態でもう一度スイッチを押したところ、普通にまたミストが出てきました・・・

箱を確認すると『連続使用時間:4時間』の表記が・・・

そうなると寝るときには向きませんね。

 

・まとめと感想

 

個人的にはまぁまぁ良かったですね。デスクに置いておくだけで非常に安心感があります。

音が非常に静かなので気になりませんし、モバイルバッテリーにつなげておけばどこでも気軽に

使えるのは非常にありがたいです。

ただ、4時間のリミットがあるので買う際は注意していただきたいです。

 

自分が行ったダイソーではガジェット感のあるスクエア型以外にも、ネコやクジラ型の加湿器や

ペットボトルを使う300円加湿器、アロマ機能付きの700円加湿器などなど・・・結構置いていました。

皆さんも探してみてください。

関連記事

  1. 【百均】ワイヤレスマウスを買ってみた【最安】

おすすめ記事

  1. 【Nature Remo mini】スマートリモコンでスマートホームを構築してみる【導入編】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る